建物の固定資産税が高いと思ったことありませんか?

意外と知られていない「固定資産税」の中身。毎年、市町村から送付書が送られてくるので、なんとなく納めていませんか?
そんな皆様からの声にもとづき、当社では「固定資産評価」の適正化を実現させます。

固定資産評価の適正化を行うことにより・・・

  • 固定資産税の還付
  • 翌年度以降の減額
  • 不動産取得税や登録免許税の還付

当社のノウハウがあなたの建物を総合的に鑑定します。

当社は初回査定無料・報酬は成功制となっており正式な不動産鑑定業者の立場から、不動産鑑定士、一級建築士、その他法律のスペシャリストの知恵と経験を活かし、建物所有者(依頼主)の利益を守ります。
※条件により異なりますが、5~20年分の還付も考えられます。

意外と知られていない「固定資産税」とは?

意外と知られていない固定資産税について、簡単にご説明いたします。
固定資産税は以下の3つが1つになったものになります。

  • 地方税
  • 税率17%
  • 賦課方式

※法人税や所得税は、納税者が自分で計算して納税額を計算する申告納税方式

なぜ還付されるのか?

・市区町村の評価員が全て建物評価の専門家ではありません。そのため過った評価をしている可能性があります。
・建物所有者には、市町村から固定資産評価額と税額だけが書面で通知されます。そこには重要な内容はかかれておらず、
  本当に正しく計算されているのか外部からは分かりません。

そこで当社では!

・市区町村の計算結果と当社の計算結果に違いが生じた場合、それを市町村に是正してもらうよう促します。

固定資産評価適正までの流れ

まずは必要書類を提出していただければ、無料・短期間で初回査定いたします。
査定の結果、減額が見込める物件の場合、本格的な調査・鑑定に進んでまいります。

フロー図